おすすめ図書館活用術♪

筑波大学教員著作の紹介

寄贈受入分

筑波大学の教員著作寄贈図書リストです(ご寄贈いただいた方の氏名の50音順でリスト化しています)。資料のタイトルをクリックすると、筑波大学附属図書館の蔵書検索画面が開きます。
をクリックすると、先生からご寄稿いただいた著作紹介文をご覧いただけます。

※本ページのリストは、すべての教員著作を網羅しているものではございません

2022年度

ご寄贈いただいた方のご所属:

寄贈者名 書名 書誌情報 紹介文
筑波大学出版会 『森林学への招待 増補改訂版』 中村徹編著 / 筑波大学出版会/丸善出版 (発売),2015.3  
相澤啓一 『ケルン日本文化会館の「宮沢賢治月間」 : 「セロ弾きのゴーシュ」ドイツ語訳とともに』 相澤啓一編 / 国際交流基金/ケルン日本文化会館,2022.2  
相澤啓一 『Beiträge anlässlich der Verleihung des 48. Japan-Foundation-Preis : statt einer Festveranstaltung』 Japanisches Kulturinstitut Köln (Hrsg.) / Japanisches Kulturinstitut,2022  
秋山肇 『ポスト・コロナ学 : パンデミックと社会の変化・連続性、そして未来』 秋山肇編 / 明石書店,2022.4  
秋山学 『Clement of Alexandria (Studia patristica:v. 110. Papers presented at the Eighteenth International Conference on Patristic Studies held in Oxford 2019:v. 7)』 edited by Vít Hušek / Peeters,2021  
礒田正美 『中等数学科教育 (新・教職課程演習:第19巻)』 礒田正美, 影山和也編著 / 協同出版,2021.12  
礒田正美 『Mathematics challenges for classroom practices at the lower primary level : based on SEAMEO basic education standards : common core regional learning standards in mathematics』 editors, Teh Kim Hong, Isoda Masami, Gan Teck Hock / SEAMEO RECSAM,c2021  
礒田正美 『Twenty years of the Center for Research on International Cooperation in Educational Development』 [edited by CRICED] / The Center for Research on International Cooperation in Educational Development (CRICED), University of Tsukuba,2022  
礒田正美 『SEA-Teacher パイロットプログラム実施報告書 (2019年度実施)』 [筑波大学],[2020.7]  
臼山利信 『SDGsの視点から太平洋島嶼地域の開発問題を考える (公開講演会シリーズ「中央ユーラシアと日本の未来」 : 筑波大学「日本財団中央アジア・日本人材育成プロジェクト(NipCA)」主催:第25回)』 関根久雄 [講演]/梶山祐治 [ほか] 編集・校正 / 筑波大学「日本財団中央アジア・日本人材育成プロジェクト(NipCA)」,2021.7  
臼山利信 『第7回文明のクロスロード--ことば・文化・社会の様相-- : 日本学学際シンポジウム報告書 : 2009年12月9日・10日 : カザフスタン・カザフ国立大学』 西村よしみ, Lyailya T. Balakaeva監修/小野正樹, 鈴木理恵編集/Assel Bekebassova翻訳 / 筑波大学中央アジア連携センター,2010.3  
臼山利信 『つくば市の外国人児童生徒の日本語教育等の支援を巡って : 現状と課題、コロナ後を見据えて (公開講演会シリーズ「中央ユーラシアと日本の未来」 : 筑波大学「日本財団中央アジア・日本人材育成プロジェクト(NipCA)」主催:第16回)』 澤田浩子 [講演]/梶山祐治 [ほか] 編集・校正 / 筑波大学「日本財団中央アジア・日本人材育成プロジェクト(NipCA)」,2021.1  
江藤光紀 『万国博覧会に見る「日本」 : 芸術・メディアの視点による国際比較 (科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書:2018年度-2021年度)』 研究代表者 暮沢剛巳 / 東京工科大学デザイン学部 . 2022.3,  
五十殿利治 『久米民十郎 : モダニズムの岐路に立つ「霊媒派」』 五十殿利治著 / せりか書房,2022.4  
柿澤敏文 『2020年度全国視覚障害幼児児童生徒の視覚障害原因等実態調査報告書』 柿澤敏文 / 筑波大学人間系障害科学域,2022.3  
木村周平 『オトモノコト : 陸前高田・小友のくらしと災害の記憶』 メディア・デザイン研究所編 / 筑波大学木村周平研究室,2022.2  
田中マリア 『道徳教育 (新・教職課程演習:第7巻)』 田中マリア, 杉田浩崇編著 / 協同出版,2021.11  
常木晃 『Tang-e bolaghi : the Iran-Japan archaeological project for the Sivand dam Salvage area (Al-Shark : University of Tsukuba, Studies for West Asian Archaeology:no. 3)』 edited by Akira Tsuneki and Mohsen Zeidi / Iranian Center for Archaelogical Research/Department of Archaeology, University of Tsukuba,2008  
常木晃 『The Neolithic Lithic Industry at Tell Ain El-Kerkh : pbk (Al-Shark : University of Tsukuba, Studies for West Asian Archaeology:4. Excavation reports of Tell el-Kerkh, Northwestern Syria:1)』 Makoto Arimura / Archaeopress Publishing,c2020  
中田光雄 『ドゥルーズ=ガタリ : 哲学、真理か、創造か』 中田光雄著 / 水声社,2022.5  
中村友香 『病いの会話 : ネパールで糖尿病を共に生きる』 中村友香著 / 京都大学学術出版会,2022.2  
山中利晃 『会社補償の実務 第2版 (成長戦略と企業法制)』 会社補償実務研究会編 / 商事法務,2022.4  
吉田右子 『フィンランド公共図書館 : 躍進の秘密』 吉田右子, 小泉公乃, 坂田ヘントネン亜希著 / 新評論,2019.11  
吉田右子 『オランダ公共図書館の挑戦 : サービスを有料にするのはなぜか?』 吉田右子著 / 新評論,2018.9  
吉田右子 『図書館情報学を学ぶ人のために』 逸村裕, 田窪直規, 原田隆史編 / 世界思想社,2017.4  

2021年度*クリックで詳細を表示

2020年度*クリックで詳細を表示

2019年度*クリックで詳細を表示

2018年度*クリックで詳細を表示

2017年度*クリックで詳細を表示

2016年度*クリックで詳細を表示

2015年度*クリックで詳細を表示

2014年度*クリックで詳細を表示

2013年度*クリックで詳細を表示

2012年度*クリックで詳細を表示

2011年度*クリックで詳細を表示

2010年度*クリックで詳細を表示

2009年度*クリックで詳細を表示

2008年度*クリックで詳細を表示

2007年度*クリックで詳細を表示