研究成果を世界へ発信しよう!

つくばリポジトリ(Tulips-R)とは

学術機関リポジトリは、研究機関の研究・教育成果(学術論文・学位論文・研究報告書・教材など)を永続的に蓄積、保存し、インターネットを通じて誰でも無料にアクセスできるように公開する学術コンテンツデータベースです。

つくばリポジトリは筑波大学の学術機関リポジトリで、学内の教職員であれば誰でもコンテンツを登録することができます。

つくばリポジトリにコンテンツを登録するメリット

  • ご自身や研究室のWebサイトがなくても、研究成果を蓄積・保管・発信できます。
  • 研究・教育成果へのアクセスが拡大し、引用回数の増大が期待できます。
  • 購読に高額な料金がかかるジャーナルの掲載論文も無料で公開することができます。(出版社の条件に従う必要があります)
  • 研究成果を一覧できるようになります。(TRIOSとの連携可)
  • 科学研究費補助金(科研費)報告書の「オープンアクセス」欄にチェックを入れられます。詳しくは日本学術振興会のWebサイトをご覧ください。

つくばリポジトリに登録できるコンテンツ

  • 学術雑誌掲載論文
  • 学内紀要
  • 学位論文
  • その他の研究・教育成果(各種報告書、学会発表のスライドや授業資料など)

また筑波大学は、2015年11月に「筑波大学オープンアクセス方針」を制定し、つくばリポジトリへの登録を推奨しています。

詳しい登録方法や著作権処理の方法については、つくばリポジトリへアクセスしてご確認ください。

目次