来館せずに利用できるWebサービス

附属図書館では来館しなくてもご利用いただける、以下のサービスを提供しております。
新型コロナウイルス感染症対策に伴う臨時休館中の代替手段として、どうぞご活用ください。

1.電子メールやWebからの参考質問

 調べ物相談の受付
 筑波大学附属図書館では電子メールやWebからの参考質問を受け付けています。
 図書館の利用方法、文献の探し方など、疑問点がありましたらお問い合わせください。

2.学位論文、学内成果物

 つくばリポジトリ
 学内の研究・教育成果(学術論文・平成26(2014)年度以降の博士論文・研究報告書・教材など)に、
 インターネットを通してどなたでも無料でアクセスできる学術コンテンツデータベースです。

3.電子化資料・貴重書コレクション

 貴重書や、和装古書の一部は、OPAC(蔵書目録)でタイトル等から検索して、
 「電子資料を表示」アイコンからも画像を閲覧できます。

 貴重書コレクション(コレクション別、分野別一覧)
 筑波大学附属図書館が所蔵している貴重書等の画像の一覧です。

4.データベース、電子ジャーナル、電子ブック(学内構成員のみ)

 "R"アイコンがついているものは、学外からリモートで利用できます。
 詳しいサービスの利用方法は、EJ/DBリモートアクセス(Tulips Warp)を参照してください。

 データベース一覧(分野別)

 電子ジャーナル・電子ブック検索フォーム

 電子ブック(プラットフォーム一覧)
 OPAC(蔵書目録)の詳細検索で、資料種別を「電子ブック」に指定して検索できるものもあります。

 一部のデータベース等について、期間限定で利用範囲が拡大されています。
 → 電子リソースの閲覧範囲拡大について(新型コロナウィルス感染症対応)

5.文献情報の管理(学内構成員のみ)

 RefWorks(文献管理ツール)
 文献データベースの検索結果を取り込んで、個人の参考文献のデータベースを構築・管理できます。
 2020年4月から機能が追加された新RefWorksが使用できるようになりました。
 旧RefWorksからのデータ移行には作業が必要です。リンク先の説明を参照してください。

6.講習会

 春の図書館講習会の代替手段のご案内
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、春の図書館講習会は中止いたします。
 対面での講習会の代わりに、動画やWebセミナーを紹介しますので、ご活用ください。
 ※ 過去の講習会資料など、一部の資料の閲覧には学内ネットワークからのアクセスが必要です。

掲載期限