活用する

RefWorks(文献情報管理ツール)

RefWorksへのアクセスはここから

RefWorksとは


RefWorksは、WEBベースの文献情報管理ツールです。
文献データベースの検索結果を取り込んで、個人の参考文献のデータベースを構築・管理するためのソフトウェアで、Webベースのシステムですので、場所とPCを選ばずに、ご自分の管理する文献情報を利用できます。
このサービスは筑波大学の構成員の方が対象です。

アクセスについて

初めて使う方

  • 初回利用時
    次の手順で利用者登録をしてください。
    1. 図書館のホームページ→「資料案内」→「活用する」→「Refworks(文献情報管理ツール)」 →「RefWorksへアクセス」をクリックする。または、学内のネットワークにつないだパソコンから Refworksにアクセスする
    2. 「統一認証システムログイン」のウィンドウが開く場合は,IDとパスワードを入力してログインする。
    3. ログイン画面で「新規アカウントを申し込む」をクリックする。
    4. 「次でアカウントを作成 University of Tsukuba」となっていることを確認した上で、メールアドレスを入力する。
      「次へ」をクリックして、名前、関連分野、ユーザータイプを入力する。
    5. 「アカウントを作成」ボタンをクリックする。
      (入力したメールアドレス宛にログイン名とパスワードが送られてきますが、下記のとおり、送られてきたログイン名とパスワードをログインの際に入力する必要はありません)
  • 2回目以降の利用

    図書館のホームページでログインすると、ほかの機能と同時に RefWorks にもログインできます

  • RefWorks だけを利用したい時は、ネットワークにつないだパソコンから直接アクセスすることもできます。この場合もシングルサインオンが可能ですので、図書館ポータルやマイライブラリを続けてご利用になる場合に再ログインの必要がありません。

学外からの利用

  • 筑波大学以外からリモートアクセスする場合でも、学内からのアクセス方法と同様にご利用いただけます。
  • 学外から利用する場合は使用できるデータベースに制限があります。

卒業生の利用 - RefWorks卒業生プログラム -

  • RefWorksは、卒業生の方もお使いいただけます。在籍中に、学内のネットワークを経由して手続きを行う必要があります。詳細はRefWorks卒業生プログラムの利用方法(PDF/215KB)をご覧ください。

※6ヶ月以上 RefWorks にアクセスがない場合,アカウントが取り消されることがありますので,ご注意ください。

対応データベース

RefWorksに簡単にデータを取り込むことができるデータベースがあります。 対応データベース一覧は下記のURLをご参照ください。
http://www.refworks.com/Refworks/importdbs.asp
*ただし本学では契約していないため利用できない有料データベースも含まれています。
対応していないデータベースからのデータも、自分で入力することができます。

使い方

詳しいマニュアルやQ&Aのページは下記URLをご参照ください。
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/refworks/
 
便利に使うヒントをこちらのPDFでご案内します。