活用する

RefWorks(文献情報管理ツール)

RefWorksとは

RefWorksは、WEBベースの文献情報管理ツールです。
文献データベースの検索結果を取り込んで、個人の参考文献のデータベースを構築・管理するためのソフトウェアで、Webベースのシステムですので、場所とPCを選ばずに、ご自分の管理する文献情報を利用できます。
このサービスは筑波大学の構成員の方が対象です。

アクセスについて

学内・学外を問わず、同じ方法でご利用になれます。

2018年5月25日から、RefWorksのプライバシーポリシー等が改正されました。
次のPDFをご確認の上ご利用ください。
Refworks_privacypolicy20180525.pdf(471KB)

2019年3月、図書館システム更新によりログイン方法が変更になります。

2019年2月以前にアカウント作成の方はここから   統一認証によるログイン

2019年3月以降にアカウント作成の方はここから   個人アカウントによるログイン

アカウント作成について

初めて使うとき

初めて利用するときは、学内ネットワークから次の手順で個人アカウントを作成してください。

  1. このページの「2019年2月28日以降にアカウント作成の方はここから」をクリックする。
  2. 「新規アカウントを申し込む」をクリックする。
  3. 「次でアカウントを作成 University of Tsukuba」となっていることを確認した上で、メールアドレスなどのユーザ情報を入力する。
  4. ”ProQuestは、お客様の同意なしでアカウントを作成することはできません”にチェックを入れ、上部の「ステップ2:ユーザー情報」をクリックする。
  5. 名前を入力し、関連分野、ユーザータイプを選択する。
  6. 「アカウントを作成」ボタンをクリックする。

統一認証から個人アカウントログインへ移行するとき

学内ネットワークから下記の手続きを行う必要があります。
アカウントの保存(バックアップ)と復元.pdf (144 KB)もあわせてご参照ください。

  1. このページの「2019年2月以前にアカウント作成の方はここから」からログインし、メニューバーのツールからバックアップをとる。
  2. このページの「2019年3月以降にアカウント作成の方はここから」アクセスし、新規アカウントを作成する。
  3. 新しいアカウントに1で取ったバックアップ内容を復元する。

卒業生の利用 - RefWorks卒業生プログラム -

RefWorksは、卒業生の方もお使いいただけます。次の手順で手続きしてください。
※ 6ヶ月以上 RefWorks にアクセスがない場合、アカウントが取り消されることがあります。
※ 利用期間は、筑波大学がRefWorksを契約している期間になります。

統一認証でログインしている方
在籍中に「統一認証から個人アカウントログインへ移行するとき」の手順に従ってアカウントを移行してください。その際、新規アカウントでのユーザータイプは「Alumni」に設定してください。

個人アカウントでログインしている方
RefWorksの「プロフィール更新」にて、メールアドレスをご卒業後お使いになるアドレスに、ユーザータイプを「Alumni」に変更してください。

対応データベース

RefWorksに簡単にデータを取り込むことができるデータベースがあります。 対応データベース一覧は下記のURLをご参照ください。
http://www.refworks.com/Refworks/importdbs.asp
この中には、本学では契約していないため利用できない有料データベースも含まれています。
また、学外から利用する場合は使用できるデータベースに制限があります。

使い方

詳しい使い方は下記URLをご参照ください。
ユーザガイド http://www.sunmedia.co.jp/e-port/refworks/pdf/userguide-rwrs20.pdf