学外者貸出利用証

元教職員

2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)は年末年始休館のため利用証発行作業はいたしかねますのでご了承ください。

入館(閲覧)のみをご希望の方へ:入館(閲覧)のみの方は来館時に閲覧申込書をご記入いただくだけで図書館に入ることができます。
貸出利用証の発行は不要です。 来館利用できるサービスをご覧ください。

退職後も引き続きご利用いただけます

本学の元教職員の方(常勤教職員のみ)に、学外者貸出利用証の発行を行っております。
詳しいサービス内容については以下の「お問い合わせ先」までお問い合わせください。

貸出利用証が発行できる条件

  • 筑波大学に常勤として勤務をされていた教職員の方
  • 筑波大学附属図書館の資料の貸出を受け、利用される方
  • 現在、筑波大学附属図書館の資料を借りていない方(貸出中の図書がある場合は、返却してからお申込みください。)

利用できるサービス

貸出利用証の有効期限は発行日より1年間です。
詳しいサービス内容はお問い合わせください。

これまで利用証をお持ちだったことのある方向け

初めて申請される方

2018年6月1日以降の貸出利用証の変更

申請方法についての変更

  • 学外者貸出利用証の紙での申請書での受付は終了となり、新規・更新の申請が図書館Webサイトから24時間いつでも可能となりました。
    *貸出利用証の申請方法についてはページ下部「貸出利用証の申請方法」をご覧ください。
  • これまで利用証発行に必要であった顔写真は必要なくなりました。

変更以前の貸出利用証(紙のカード)をご利用の方へ

元教職員
  • 有効期限までの間、貸出冊数が新たなサービス内容でご利用いただけます。
  • 貸出利用証をお持ちであれば、新たな貸出利用証へ更新することができます。更新のお手続きは新規申請と同様にwebサイトからの申請となります。 お手続き方法は「貸出利用証の更新」をご覧ください。

貸出利用証の更新

更新対象となる方

  • 黄色の紙の貸出利用証をお持ちの方
  • 現在、筑波大学附属図書館の資料を借りていない方(貸出中の図書がある場合は、返却してからお申込みください。)

注意事項

  • 利用証受け取り時には、現在お使いの利用証の提出が必要です。紛失された場合は新規扱いとなります。
  • 更新の申請は現在お使いの利用証の有効期限に関わらずいつでも行えます。
  • 申請後は、更新手続きが終わり新しい利用証を受け取るまで、現在の利用証は使用できません。

貸出利用証の申請方法(新規・更新共通)

貸出利用証の新規・更新発行申請についてはwebにて受付しております。以下よりお進みください。

申請の手順の説明はこちら

申請をいただいた後に申請完了メールが送信されます。
その後、附属図書館より貸出利用証が準備出来た旨のメールをお送りいたします。メール受領後に受付館にご来館ください。

貸出利用証の受け取り

受取場所と時間、方法

各館メインカウンターにてお受け取りください。
開館日・開館時間内であれば平日、土日祝日でも受け取りが可能です。

注意 中央図書館の平日の受取は22:00までです。

必要な書類

  • 新規
    • 身分証明書(運転免許証など、現住所が確認できるもの。証明記載の住所が現住所と異なる場合は公共料金等の郵便物をお持ちください。)
  • 更新
    • 身分証明書(運転免許証など、現住所が確認できるもの。証明記載の住所が現住所と異なる場合は公共料金等の郵便物をお持ちください。)
    • 現在お使いの図書館貸出利用証

お問い合わせ先

ご自身がどの利用者区分に該当するか、また新規・更新のどちらになるのかがわからない場合は下記の情報をご準備のうえお問い合わせください。

  1. お名前(フリガナ)
  2. 筑波大学附属図書館学外者貸出利用証の有無
  3. (貸出利用証をお持ちの方)貸出利用証のバーコード番号
  4. ご連絡先のe-mailアドレス