Monthly Archives: 4月 2015

教員著作紹介コメント(礒田正美先生)

ブックコメントのアイコン礒田正美先生(教育開発国際協力研究センター)よりご著書の紹介コメントをいただきました。
【本の情報】
『算数・数学教育における数学的活動による学習過程の構成 : 数学化原理と表現世界、微分積分への数量関係・関数領域の指導』礒田正美著. 共立出版, 2015.2【分類375.41-I85】

【コメント】
 本書は、筆者の学位論文「数学教育における数学的活動による学習過程の構成に関する研究:表現世界の再構成過程と関数の水準によるFreudenthal 数学化論の拡張」に「はじめに」と「結び」にを加え、 わかりやすくまとめた著作である。本書の主旨は、「はじめに」にまとめられ、そのための私の30年については「結び」に記されている。他者は、本書を次のように紹介下さっている。
 共立出版による紹介文:「数学はいかに形成され,どのように発展していくのか。数学発生の本性に対する問いは数学者,科学哲学者,数学史家の考察対象として取り上げられてきた。その解答は,学校数学では何をいかに教えるべきかを考える際の基準として尊重されてきた。そして,その発生の本性を表すために,先人は数学的活動や数学化などの語彙で数学を生み出す活動を表し,その活動を学校数学で実現しようと努めてきた。本書では,数学教育においてはセットで検討される「数学はいかに形成されるのか」,「その形成を数学的活動などの語で表象したとして,それを教室で実現するために我々は何をなすべきか」という二つの問いに対して,数学がいかに形成されるかに解答し,その形成活動を実現する教育課程設計の原理を,学習過程の構成原理として定め,教材研究指針を示す。」
 AMAZONのmathmath氏の書評:「入魂の一冊であり、数学教育に関わるなら是非読むべき一冊であろう。近年では、大谷実氏や小山正孝氏の著作と同じくらい高い水準の思想性を感じる。数学化という視点から数学成立の本質に迫っており、根本的に学ぶべきことが多く、日々の授業で精一杯な近視眼の自分としては、やりがいのある宿題を沢山もらった気になった。」
 筆者自身の紹介文は以下にある(2015年4月1日17:42付):https://ja-jp.facebook.com/kyoritsu.pub
 海外で仕事をしていると英文表題が必要になる。本書の英文表題は「Mathematization for Mathematics Education : An extension of the theory of Hans Freudenthal applying the representation theory of Masami Isoda with demonstration of levels of function up to calculus」である。


教員著作紹介コメント(齊藤泰嘉先生)

ブックコメントのアイコン齊藤泰嘉先生(芸術系)よりご著書の紹介コメントをいただきました。
【本の情報】
『ケア×アートいきいきホスピタル : 「適応的エキスパート」としてのアートマネジメント人材の育成-病院を活用した多様空間・異分野協働によるアートマネジメント能力の向上に向けて 2』. 筑波大学芸術系, 2014.3-【分類146.8-Ke11-2】

【コメント】
本書は、2014年度に文化庁の助成事業の一環で行った、病院を“いきいき”させるために芸術系と病院が行う活動を紹介した本です。
筑波大学芸術系では、2002年より筑波大学附属病院や筑波メディカルセンター病院で、アート・デザインによる療養環境の改善を目指した活動を行っています。
2014年度はガーデンの制作と運営、デイケアプログラムの実践、国内外でのワークショップや展覧会の実施、またケアとアートの専門家によるレクチャーなどを行いました。本書ではこうした活動や、病院で働くアートコーディネーターの仕事などを紹介し、またプロジェクトに関わった医師、看護師、作業療法士などの病院職員、アートコーディネーター、芸術や医学の学生のコメントも掲載しています。
「ケア」と「アート」を考える試みを、ぜひご覧下さい。


Readingバトン(青木三郎 人文社会系教授)

Readingバトン青木先生

Readingバトン-教員から筑波大生へのmessage-
山田(前)学長波多野(前)附属図書館長吉武大学研究センター長中山附属図書館長秋山先生渡辺先生五十嵐先生森先生野村先生松本先生永田学長池田先生守屋先生>、池田先生佐藤先生外山先生唐木先生に続く第17走者として、青木三郎 人文社会系教授から寄稿いただきました。


対話人間の建設Pick Up

『対話人間の建設』岡潔、小林秀雄. 新潮社, 1965【分類370.4-O】

Book Review
 ご紹介したいのは、文芸批評家という文系の大御所と、数学者という理系の大御所のビッグ対談です。批評家小林秀雄は1902年(明治35年)生まれ。数学者岡潔は1901年(明治34年)生まれ。対談は1965年(昭和40)10月『新潮』に掲載されたものです。対談のときにはお二人ともすでに還暦を過ぎ、何気なく発せられているような発言のなかにも、長い時間の思索が折り込められています。まず学問について。

岡潔「人は極端になにかをやれば、必ず好きになるという性質をもっています。好きにならぬのがむしろ不思議です。」

小林「好きになることがむずかしいというのは、それはむずかしいことが好きにならなきゃいかんということでしょう。」

この二人のやりとりは、まさに大学というところは世の中の難問を解こうということを徹底的にやるところではないか、と僕には読めます。

岡潔「世界の知力が低下しているという気がします。日本だけではなく、世界がそうじゃないかという…」

小林「物を生かすことを忘れて、自分が作り出そうというほうだけをやりだしたのですね。」

物を生かす、つまり取り組んでいる対象に知力と感性を全力で動員して知ろうとすることだと解釈できます。自分の頭のなかだけでシステムを考えているようなものには個性はうまれない。

岡潔「情緒というものは、人本然のもので、それに従っていれば、自分で人類を滅ぼしてしまうというような間違いは起こさないのです。現在の状態では、それをやりかねないと思うのです。」

小林「あなたのおっしゃっている感情という言葉は、普通いう感情とは違いますね。僕らがもっている心はそれなんですよ。私のもっている心は、あなたのおっしゃる感情なんです。だから常識は、感情をもととして働いていくわけです。つまり心というものは私らがこうやってしゃべっている言葉のもとですな。そこから言葉というものはできたわけです。」

ここに、文と理に分化する前の、人間の根源を感じられるかどうかが、大事なところです。

岡潔「理性はまったく純粋な意味で知らないものを知ることはできない。つまり理性のなかを泳いでいる魚は、自分が泳いでいることがわからない。」

小林「お説の通りだと思います。」

 科学技術の発展が人類の破壊につながっていった20世紀に、岡潔と小林秀雄は人類の破壊ではなく、人間の建設に向かう仕事に打ち込みました。本書を中学時代に初めて読み、高校で再読し、留学時代にも折にふれ読み、しかし一度は捨ててしまった本ですが、また読み直すと「難しい問題に立ち向かうのが学問だ」ということが実感されます。

■次回の更新は5月下旬を予定しています。