Monthly Archives: 6月 2014

6月20日は「世界難民の日」

世界難民の日展示2014展示風景1世界難民の日展示2014展示風景2
毎年6月20日は、国連で定められた「世界難民の日」(http://www.unhcr.or.jp/event/info/)だそうです。

それにちなんで、学生団体「CLOVER ~難民と共に歩むユース団体~」さんが昨年度に引き続き、難民のことをより広く知ってもらおうと、中央図書館メインカウンター前で展示を行っています。
難民についてのアンケート結果や、日本にいる難民の実態など、興味深い内容がポスターにまとめられて展示されています。

7月初めまでの展示予定ですので、中央図書館にお越しの際には、少し足を止めてご覧になってはいかがでしょうか。

がまじゃんぱー日本にも「難民」がいるってこともびっくりだけど、どの国の人が多いか見てみたら、意外な国でそっちもびっくり。

tulipki-mini具体的な支援も大事だけど、まずは知ることから始めないと、ですね。今回の展示が、その良いきっかけになると嬉しいです!

がまじゃんぱーもちろん、図書館にも難民に関する本がいっぱいあるよね!

tulipki-miniいわゆる「難民」は中央図書館だと4階の「369.38」ですが、歴史・法律・政治・経済・産業…など様々な面からのアプローチも多いので、ぜひ興味あるテーマとの関連で探してみてくださいね。


教員著作ページに12点追加

先生方からご寄贈いただいた著作12点を「筑波大学教員著作の紹介(2014年度)」のリストに追加しました。

  • 大野正道先生(ビジネスサイエンス系)
  • 山中敏正先生(芸術系)
  • 徳田克己先生(医学医療系)
  • 臼山利信先生(外国語センター)
  • 佐藤眞理子先生(教育開発国際協力研究センター)
  • 中田光雄先生(名誉教授)
  • 堀池信夫先生(名誉教授)

掲載ページ: 筑波大学教員著作の紹介(2014年度)