Monthly Archives: 5月 2011

教員著作紹介コメント(礒田正美先生)

ブックコメントのアイコン礒田正美先生(教育開発国際協力研究センター)より、ご著書の紹介コメントをいただきました。

【本の情報】
『数学教育学研究ハンドブック』日本数学教育学会編.東洋館出版社 , 2010.12【分類375.41-N77】

【コメント】
 本書は、数学教育学の研究をはじめる際の視座を提供する目的で、既存の学術論文を整理した数学教育学研究のハンドブックである。本書を編纂した日本数学教育学会は、東京高等師範学校における研究会を基盤に1919年に日本中等数学教育会として発足した。教科教育学は、新興領域と考えられることもあるが、数学教育の場合、国際組織は1908年に発足し、学会組織の歴史は日本教育学会より古い。もっとも、世界的な潮流において、1950年代から数学教育関連諸学会が次々と組織され、学術誌が増加したのも確かな事実である。本書は、それら学術誌に掲載された論文を整理し、研究成果を整理する目的でf編纂された。執筆は、3000名の会員の中から選ばれた研究者49名による。筆者自身は「学際的研究」を分担した。学際性は、筑波大学の創設期に、東京教育大学から移転する時代に注目された話題であり、古い意味での筑波大学建学に通じる主題である。戦前・戦後のの教科教育学黎明期には、教科教育学は教科と教育学の学際領域に位置するという見方もなされた。学際領域はその創設時には学際的であったとしても、その領域が研究領域として自律すればその特質は失われる。1970年代以降、数学教育学は、数学、哲学、教育学、心理学、文化人類学など関連書領域の研究成果を積極的に活用し成立してきた。数学教育学として研究成果が蓄積すると、もとの研究領域の文献を参照せずとも論文が書かれるようになり、参照元の関連書領域からみれば異質な議論も誕生する。もとの研究領域からみればそれは方言のように聞こえる場合がある。しかし、数学教育学においては、それがむしろ母語であるとも言える。筆者自身の分担執筆目的は、関連書領域との相違という関心から、数学教育学に固有な方言の存在を指摘し、逆に、それを母語とする数学教育学の成立を確認することにある。その執筆の際のデータとなったのが、既存の学術論文である。もとより研究者及び院生向けに執筆されているが、学類生が数学教育学を志す際の、よい参考図書でもある。是非、手にしていただければ幸いである。


教員著作のページに4点追加

先生方からご寄贈いただいた著作4点を「筑波大学教員著作の紹介(2011年度)」のリストに追加しました。

  • 山田信博学長
  • 松原康介先生(システム情報工学研究科社会システム工学専攻)
  • 菅野智明先生(人間総合科学研究科芸術専攻)
  • 礒田正美先生(教育開発国際協力研究センター)

掲載ページ: 筑波大学教員著作の紹介(2011年度)


筑波大学附属図書館の状況について(5月12日現在)

東日本大震災において被害を受けられました皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

5月12日現在の筑波大学附属図書館の状況につきまして、前回のご報告(「筑波大学附属図書館の状況について(4月13日現在)」)からの更新情報を中心にお知らせいたします。
詳細は「開館状況とサービスの制限について」をご覧ください。

全体

  • 体育・芸術図書館を除く各館は、平常どおり開館中です。
  • 5月9日より、学内図書取り寄せサービス(東京←→つくば)を再開しました。

中央図書館

  • 4月14日よりCDとLDが利用できるようになりました。
  • 学生を中心としたボランティアの皆様のご協力により、4月20日より本館4階が利用できるようになりました。
  • 4月22日より本館5階が利用できるようになりました。
  • 5月9日より、新館3-5階、本館1階(B書庫(大学紀要)を除く)・中2階が利用できるようになりました。
  • 5月12日より、本館1階B書庫(大学紀要)が利用できるようになりました。
  • 現在、4階ラウンジを除いた全てのエリアが利用可能です。

体育・芸術図書館

  • 館内立入禁止、閉館中
  • 落下した資料の復旧作業は, 5月中旬頃には終了する見込みです。
  • 5月中旬頃から事務室に臨時窓口を設け、職員による出納方式で資料の貸出を再開する予定です。
  • 比較的被害の少ない2階については、6月初旬頃から部分開館の予定ですが、資料は引き続き職員による出納方式でのご利用となる予定です。
  • 建物全体の復旧には、大規模な修復工事が必要となります。着工時期は未定ですが、完全復旧には年度末までの期間を要する見通しです。
  • 工事期間中は、2階部分も含めて建物が利用できなくなる可能性があります。資料を別の場所に仮移転して提供することも視野に入れて検討していますが、全ての全資料を開架方式で提供可能な場所を確保することは難しい状況です。
  • 全学計算機は学術情報メディアセンターに移設します。

医学図書館
図書館情報学図書館
大塚図書館

  • 通常通り利用可能です。(一部利用できない資料があります)

Webページ: http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/
Twitter: @tsukubauniv_lib
被害状況や復旧状況:
東日本大震災 被災状況画像(http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/shinsai/photo.php)
Twitpic (http://twitpic.com/photos/tsukubauniv_lib)
Flickr (http://www.flickr.com/photos/univtsukuba_lib/)


Twitterウィジェットを追加してみよう!


筑波大学附属図書館のトップページには「ウィジェット」と呼ばれる部品が配置されていて、ログインすると自由に追加・配置ができます。
今回、附属図書館の公式Twitterアカウント(@tsukubauniv_lib)のツイートを表示するウィジェットを新たに作成して、ご利用頂けるようにしました。お好きな場所に配置して、ご活用ください!

詳細はPrism No.29「Twitterウィジェットを追加してみよう!(Tulipsの活用法シリーズ7)」をご覧ください!


学生サポートデスク誕生!(5月9日~6月30日・中央図書館)

附属図書館では、これまで以上に学生の学習をサポートするために、この度中央図書館本館2階に「学生サポートデスク」を設置します(5月9日~6月30日)。大学院生などの学生スタッフが、全学計算機システムやTWINSの操作方法、図書館の蔵書検索などについてサポートします。
どうぞお気軽にご相談ください!

詳細はPrism No.28「学生サポートデスク誕生」をご覧ください。