Monthly Archives: 4月 2010

教員著作紹介コメント(中田英雄先生)

book-comment中田英雄先生(教育開発国際協力研究センター)より、ご著書の紹介コメントをいただきました。

【本の情報】
『New paradigm of education for improving quality of life : proceedings : international symposium center for reserch on international cooperation in educational development (CRICED)』editor Ahman Mustofa Kamil ; copy editor Annisa Suliastini ; jointly faunded by CRICED, the University of Tsukuba, Japan and Indonesia University of education.[Universitas Pendidikan Indonesia], [2009]【分類番号372.04-Mu89】

【コメント】
これは、2009年8月にインドネシア教育大学に新たに設置された教育開発国際協力研究センターの落成を祝して開かれた国際シンポジウムの会議録です。本学には教育開発国際協力研究センター(CRICED)が2002年4月に設置されています。インドネシア教育大学にも同じ名称のセンターが設置され、これから協働で教育協力を推進していくことになりました。

インドネシア教育大学との交流の始まりは1988年にさかのぼります。同大学の二人の講師が文部省(当時)の奨学生として本学の大学院教育研究科修士課程に入学し、その後入学した講師が大学院博士課程に進み、博士号を取得しました。留学生が帰国後も交流が続き、博士号を取得した講師の結婚式に出席したこともあります。インドネシア教育省に障害のある人の体育スポーツであるアジア障害者体育スポーツ学会を紹介したところ、インドネシアにも学会ができ、2004年にバリ島でアジア障害者体育スポーツ国際会議が開かれ、2010年8月にはソロ(スラカルタ)で同国際会議が開催の予定です。2004年からインドネシア教育省及びインドネシア教育大学等と協働で特別支援教育分野の授業研究会を行っています。2004年以来毎年1回、バンドン、スラバヤ、パダン、ソロ、ジョグジャカルタ、スラバヤ、マカサルで協働授業研究会を開いてきました。2004年から2008年までは本学附属特別支援学校の先生や沖縄、横浜、岐阜の先生に上記の授業研究会で実際に授業をしてもらいました。この授業研究会は、インドネシア教育省の特別支援教員研修の一環として位置づけられ、毎回200人ないし300人の現場の先生が全国から参加しました。これまで授業を観る、参観するという習慣のなかったインドネシアでこの授業研究会は特別支援教育の授業の質改善になんらかの効果を与えているように思います。インドネシアにはGotong Royongという言葉があります。お互いに助け合うという意味です。「この協働授業研究会にはGotong Royong の精神が息づいています」とシンポジウムで話したところ会場にどよめきが起こりました。バンドンの近くのレンバンという町の道路のロータリーにGotong Royong と彫った大きな碑がありましたが、聞くところによると今ではこの言葉は死語になりつつあるということでした。中進国となったインドネシアでは、スカルノ時代の言葉はもはや若い世代の頭から消え去りつつあるのかもしれません。2006年にインドネシア教育大学と部局間交流協定を結び、毎年同大学の先生を外国人研究員として招聘しています。このような研究交流の積み重ねの結果がインドネシア教育大学のCRICED設置につながったと思います。インドネシアの人の多くは親日的で、日本人をブラザーと呼びます。お互いの国の大学にあるCRICEDがよきブラザーとして、パートナーとしてこれからますます発展していくと確信しています。

1984年に私が初めてパスポートを取得して、初めて外国に行った先がインドネシアのロンボク島でした。その頃インドネシアとこれだけ深くかかわるようになるとは夢にも思っていませんでした。

【掲載ページ】筑波大学教員著作の紹介(2010年度)


新しくなった図書館Webサイトの特徴は?

Prismで「Tulipsの活用法シリーズ」を始めました。prism_no17
2010年3月にリニューアルした図書館Webサイトの便利な使い方をご紹介していきます。

第1弾は「新しくなった図書館Webサイトの特徴」(PrismNo.17)です。
どんなことができるようになったのか、5つのポイントをお伝えします。

がまじゃんぱー「こんな記事が読みたい」という希望があったら、ご意見・ご要望のフォームで送ってね。お待ちしてます♪


Library Galleryにこの春オープンのスポットを追加

がまじゃんぱーが図書館のお勧めスポットを紹介するLibrary Galleryを更新しました。

4月にリニューアルオープンした中央図書館本館3F。
書架や机が明るい色調になりました。3F-mini

中央本館3,4Fのエレベーター脇にガラス戸付きのラウンジができました。
携帯電話もOKです。マナーを守って快適な学習空間を創りましょう。

Lounge20100408-mini2010年4月、知識情報・図書館学類の先生方や学生さんのご尽力により誕生した図情図書館のラーニングコモンズ(Prism No.14で紹介) 。全学計算機PCやミーティングテーブル、チューター相談カウンターが設置されました。先輩や仲間と語り合い、学びあえる新スポット。今後の活動に注目です。ラーニングコモンズ

図情図書館ディジタルメディア部門(情報メディアユニオン1F)に復活したメディアミュージアム。粘土板、パピルス、ロゼッタストーン、源氏物語・・・なかなか見応えがあります。

6ミュージアム全景-mini


使ってみよう、引用索引データベース(Prism No.16)

tulipraku-miniPrism No16を発行しました。prism_no16

今回は、現役大学院生から、レポートや論文 を書くときに役立つ文献探索法をご紹介いただきました。

紹介してくれたのは、図書館情報メディア研究科大学院(博士後期課程1年)の佐藤翔さんです。
あなたの「引用索引データベースって何?」という疑問に答えてくれます。ぜひご一読ください!

No.16 レポート・論文を書く前に・・・使ってみよう、引用索引データベース(188KB)

<春の講習会を開催中>
図書館では、データベースの利用法や図書館の使い方について春の講習会を開催中です。
スケジュールのご案内や参加申込受付は下記の図書館Webページで行っています。
お気軽にご参加ください。
https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/portal/guidance.php


教員著作紹介コメント(山縣邦弘先生)

book-comment

山縣邦弘先生(人間総合科学研究科疾患制御医学専攻)より、ご著書の紹介コメントをいただきました。

【本の情報】
『コメディカルのためのCKD慢性腎臓病療養指導マニュアル』山縣邦弘編集,南江堂 , 2010.3【分類494.93-Y22】

【コメント】
CKD(慢性腎臓病)は、腎臓を専門としない医師や医療関係に従事する方たちが、患者さんとともに腎疾患対する理解を深めてもらい、腎機能の低下や心臓血管病などの合併症発症を着実に防ぐことを目的に提唱されたものです。
CKDでは初期の自覚症状がないため、症状が進むまで受診放置してしまった場合も多く、「あのときしっかり治療していれば」という患者さんが多いのです。
このような状況を打開し、末期慢性腎不全による透析導入患者さんの数を少しでも抑制したり、心臓血管病の発症を未然に防ぐことを目指すためには、医師と患者さんだけでなく、医療に従事する様々なスタッフの方たちを交えたサポート体制の整備や、関係諸機関が円滑な診療連携を行っていくことがきわめて大切と考えられます。
このように、CKD診療連携のためには、さまざまな職種の方にCKDを理解していただくことが必要です。本書がCKDの診療、介護に携わる可能性のある方、CKDについて学びたいと思う方にご一読いただき、役立てていただければ、幸いです。

【掲載ページ】筑波大学教員著作の紹介(2009年度)