Monthly Archives: 2月 2010

プレオープン!中央本館3,4階学習スペース

耐震改修工事のため閉鎖していた中央図書館本館3・4Fが本日プレオープンしました。
4月の正式オープンに先がけて2/8(月)~3/8(月)の1ヶ月間利用することができます。

詳細は、Prism No.10「中央図書館本館3F・4Fプレオープン」をご覧ください。

tulipraku-miniさて、本館3,4Fの様子を少しだけご紹介します。

4Fキャレル-2個人学習のための机は、3,4F合わせて約250席。
フロアには大きな書架や柱があって遠くまで見通せませんが、
「窓際」まで行くと1人用のキャレルデスクがずらりと並んでいます(上の写真は4F)。

201002083Fラウンジ

各階のエレベーター脇にはラウンジがあります。3FラウンジではASIA SAT(衛星放送)をご覧いただけます。休憩などにご利用ください。

このほか、少し大きなセミナー室(最大16席)や研究個室も利用できるようになりました。お申し込みはメインカウンターで受け付けています。

DSC05143

3・4Fには、工事前には無かった大きな柱(ブレースといいます)があちこちに並んでいます。耐震強度を上げるための大事な柱ですが、やむを得ず迷路のようになってしまった場所もあります。ご不便をおかけしますが、気をつけてご利用ください。

gamaraku-mini書架がからっぽ!こんな図書館めったに見られないかも。

3F書架

tulipki-miniこの4月からは3,4Fに図書が並んで普通に使えるようになります。
3/9~3月末にかけて、1F・中2Fにある人文・社会科学分野の図書を3・4Fに移動する作業を行います。この期間は1F、中2F、3F、4Fが立入禁止になり、人文・社会科学の図書が利用できなくなります。春休み中に必要な図書は、3/8までに借りておきましょう



教員著作紹介コメント(木村達雄先生)

book-comment 木村達雄先生(数理物質科学研究科数学専攻)より、ご著書の紹介コメントをいただきました。

【本の情報】
『代数の魅力』木村達雄 [ほか] 共著.数学書房 , 2009.9【分類411-Ki39】

【コメント】

群・環・体・整数論を雪の結晶・正四面体など、豊富な具体例を取り上げながら、やさしく解説した。少ない予備知識で代数系の魅力を十分に味わいたいという方々に大いにお勧めである。この本のホームページは以下にある。
http://www.math.tsukuba.ac.jp/~algprof/alg_intro_text-1-1.html

【掲載ページ】筑波大学教員著作の紹介(2009年度)


教員著作の紹介ページに7冊追加

先生方からご寄贈いただいた著作7冊を「筑波大学教員著作の紹介(2009年度)」のリストに追加しました。

寄贈教員名(所属)
・岡崎敏雄(人文社会科学研究科文芸・言語専攻)
・園山繁樹(人間総合科学研究科障害科学専攻)
・徳田克己(人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻)
・水野智美(人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻)
・木村達雄(数理物質科学研究科数学専攻)
・白木賢太郎(数理物質科学研究科電子・物理工学専攻)

掲載ページ:筑波大学教員著作の紹介(2009年度)