朝日新聞戦前紙面データベース

■ 学内のみのサービス

戦前の朝日新聞の紙面のうち、昭和元(1926)年12月~20(1945)年12月までの検索・表示・印刷が可能です。

同時利用可能ユーザー数は1です。
1人が使っていると他の人が使えませんので、長時間のご利用はご遠慮ください。利用が終了しましたら、速やかに検索ソフトを終了させて下さい。

詳しくは備え付けのパンフレットか、「朝日新聞戦前紙面データベースについて」をご覧下さい。

■ 利用できる端末

  • 中央図書館2階 CD-ROM優先端末(セミナー室C付近)
  • 体芸図書館2階 情報検索コーナー端末(カウンター側の4台)
  • 医学図書館1階 情報検索コーナー一番右端の端末
  • 図書館情報学図書館1階 情報検索コーナー端末(プリンターotlet12の右横の1台)
  • 大塚図書館 検索コーナー端末

利用方法

スタートメニューから「朝日新聞」→「朝日新聞戦前紙面データベース」を選んで下さい。
具体的な使用方法につきましては、ヘルプをご参照下さい。

注意事項

  • 他の利用者が使っていると、エラーメッセージが出たり、うまく検索できないことがあります。その際は、しばらく時間を置いてから再度お試し下さい。長時間の占有利用はご遠慮ください。
  • 印刷は1回につき1人1部、記事30件までです。また印刷した内容は複写しないでください。
  • USBメモリへの「ダウンロード」が可能です。
  • 検索履歴は保存されません(ただしソフトを起動している間に限り、検索履歴が保持されます)。必要なタイトル一覧は、ダウンロードか印刷を行って下さい。

その他、利用についての注意事項は、端末備え付けのパンフレットか「朝日新聞戦前紙面データベースについて」をご覧ください。


 ご不明の点がありましたら、附属図書館 デジタルライブラリ担当(029-853-2471 内線2471)へお問い合わせ下さい。