資料タイプ一覧

筑波大学附属図書館所蔵資料 資料タイプ一覧


【AV】
【AV禁帯出】

レコード,録音テープ,コンパクトディスク,ビデオテープ,ビデオディスク,DVD,Blu-ray,スライド,映画フィルム等の資料です。AV禁帯出の資料は一般貸出不可。


【学生用指定図書(1日)】
【学生用指定図書(3日)】
【学生用指定図書(7日)】

春日キャンパスの講義科目に合わせて、学期毎に担当教官が指定する図書です。図書館情報学図書館1階、学生用指定図書架に配架されています。学群生、大学院生、研究生、科目等履修生に対して貸出を行います。貸出日数が1日、3日、7日間の3通りがあります。


【医学基本】
【医学基本禁帯】

医学専門学群の教育カリキュラムに沿った、基本的な教育用図書です。


【電子資料】

CD-ROMやDVD、フロッピーディスクなど電子媒体の資料です。貸出はできません。
 


【展覧会目録】

美術館・博物館で開催される各種美術関係の展覧会において発行される図録類です。一般貸出が可能です。


【特製本】

特別な装丁・印刷の図書のことです。


【本学論文】

筑波大学で学位を授与された博士論文です。配架記号は課程博士、論文博士の別及び学位記番号、授与年度を組み合わせた特殊なものです。
本学学位論文のページへ


【本学関係資料】

本学関係資料は、筑波大学とその前身(旧東京教育大学等)に関連した資料です。学内の団体が刊行する研究報告・紀要・年次報告・新聞・広報誌・パンフレッ ト類、本学に関する内容の単行書、本学で受理された博士学位論文、修士論文・卒業論文の要旨集などがあります。これらの資料は禁帯出となっており、貸出は できません。


【抄録索引誌】

雑誌などに掲載された論文の著者、タイトル、掲載雑誌の巻号、ページ、論文の概要(抄録)などをまとめて収録し、検索に便利なように索引を付けた冊子を「抄録・索引誌」と呼びます。


【国際交流コーナー】

国際交流コーナーでは国際交流に関する資料を収集しています。


【禁帯出文庫】


【加除式】

加除式資料は、法令集・判例集などに多く、内容変更の都度、適宜発行される追録を差し替えて使用するファイル形式の資料です。貸出はできません。


【大型図書】

大型図書は、原則として大きさ35センチ以上の図書です。貸出はできません。


【マイクロ資料】

マイクロフィルム化された文献資料(貴重図書、雑誌、新聞、統計、レポート等)です。貸出はできません。


【日米】

日米友好基金の寄贈図書です。一般貸出が可能です。


【埋蔵文化財発掘調査資料(日本)】

日本の地方自治体あるいは考古学研究機関で発行される埋蔵文化財(遺跡・遺物)の発掘調査報告書です。


【貴重図書】

筑波大学附属図書館では主に江戸時代以前、洋書については1850年以前に刊行された資料、あるいはそれ以後に刊行されたもので資料的価値が高い資料を貴重図書や準貴重図書に指定して、貴重書庫に保存しています。


【参考図書】

参考図書は辞書や百科事典、ハンドブック、年鑑など、特定の情報を調べる時に使うものや、書誌、目録、索引などの二次資料のことをいいます。


【豆本】

縦、横いずれの実測値も10cm未満の資料です。


【教科書】

明治以降昭和前半までの初等・中等教育の教科書で、副読本や教師用の解説もあります。
なお、現在使用されている小学校・中学校・高等学校の検定済教科書は中央図書館本館4階教科書コーナーにあります。


【畳物】

一枚のものを表の面を内側にして、縦に細長い折本形にし、さらに上を先頭にして横に 折って、上下を畳み、それに前後別々の表紙をつけたものを畳物と呼びます。筑波大学附属図書館では一枚物、掛図、地図、設計図、経典等を畳物として分類しています。


【和装古書】

筑波大学附属図書館では,線装本・巻子本等,装丁が和漢様のもので,主として江戸時代に出版されたものを『和装古書』と呼んでいます。和装古書は,中央図 書館では和装本書庫(新館1階),体芸図書館では3階にまとめて配架しています。(※装丁が和漢様のものでも,近年出版されたものは一般書架に配架されて います)


【学習・学生支援図書】

学習活動や学生生活を支援する内容の図書です。
学習・学生支援図書の検索結果


【禁帯出図書】