近現代史料データベース

学内構成員はリモートアクセスが利用できます。

概要

近現代日本の姿を、原資料によってたどることのできるデータベースです。外交から内政までの各種政策資料や、インタビュー・ヒアリング記録、日記・手帳、メモ、書簡、直筆原稿・草稿など多彩な資料で構成されています。
本学では以下のコンテンツがご利用いただけます。

オンライン版 楠田實資料(佐藤栄作官邸文書)
 戦後最長の佐藤栄作政権(1964~1972)を支えた首席秘書官 楠田實が残した未公開官邸資料。外交から内政まで第一級の極秘資料で構成される。4千点を超える一大コレクションであり、今後戦後史を語るうえで不可欠な基本史料である。

オンライン版 大平正芳関係文書
 第68・69代内閣総理大臣をつとめた大平正芳(1910~1980)が残した膨大な文書群。大平正芳自筆の日記・手帳から、書簡、外務省や通産省などの官庁資料、国会答弁・演説用の原稿資料、選挙関係資料、さらには大平の回想録執筆にあたって行われた政財官の重要人物へのインタビュー記録など、膨大かつ多様な原史料で構成された、戦後政治史の一級史料群である。

オンライン版 矢部貞治関係文書・矢部貞治関係文書補遺
 戦前戦後を通じて現実政治に深く関わった政治学者・矢部貞治(1902~1967)の旧蔵資料。矢部の自筆資料や書簡のほか、戦前から戦後にかけて矢部が関わった諸団体の内部資料など、約六千点に及ぶ膨大な原史料を収録。激動の昭和史に迫る第一級の史料群。

オンライン版 三木武夫関係資料
 第66代内閣総理大臣をつとめた三木武夫(1907~1988)が残した膨大な文書群。外交文書、省庁・党内資料など各種政策資料をはじめ、国会答弁資料、総裁選・選挙関連、講演・演説原稿、日記・手帳・書簡・メモなどで構成されている。

オンライン版 大来佐武郎関係文書
 戦後を代表するエコノミスト・経済官僚、大来佐武郎(1914-1993)の未公刊の日記、手帳、ノート200冊以上を収録。1930年代から90年代まで、大来がそれぞれの要職で参加した国内外の会議要録をはじめ、海外出張時の詳細なスケジュール、各国要人との会談内容等が丹念に記されている。

アクセス

https://j-dac.jp/MJPH/index.html
学外からご利用の際は、こちらからログインしてください。

詳しくは、使用方法を参照してください。