Monthly Archives: 7月 2011

絶賛成長中。

2011年7月29日の中央図書館グリーンカーテンその1節電目的で設置された、中央図書館のグリーンカーテン(ゴーヤ)。
6月初めに苗が植えられて、そろそろ2ヶ月経とうかという頃合ですが、今こんな感じになっています。
スロープ部分はほぼグリーンカーテンの陰に入るようになったようです。晴れてる日は、この日陰で涼んでいる人も見かけますね。少しでも皆様が涼しい気分を味わって頂ければ嬉しいです。

2011年7月29日の中央図書館グリーンカーテンその2
正面から見ると、窓のかなりの面積が覆われてきているのが判ります。噂に違わぬ成長速度ですね。
成長を妨げるので、ゴーヤの実や花は取らないといけないのですが、それが追い付かないほど、日々成長しています。

夏休みが終わる頃には、ネット全面覆うようになってますかね?


教員著作ページに3点追加

先生方からご寄贈いただいた著作3点を「筑波大学教員著作の紹介(2011年度)」のリストに追加しました。

  • 礒田正美先生(教育開発国際協力研究センター)

掲載ページ: 筑波大学教員著作の紹介(2011年度)


教員著作紹介コメント(西本晴男先生)

ブックコメントのアイコン西本晴男先生(生命環境科学研究科持続環境学専攻)より、ご著書の紹介コメントをいただきました。

【本の情報】
『「土石流」のはなし』西本晴男著.全国治水砂防協会 , 2011.7【分類517.4-N84】

【コメント】
土石流とは、土砂や岩が水と混然一体となって谷を流れ下る現象です。その破壊力は大きく、毎年のように犠牲者が出ている恐ろしい災害現象です。2011.3.11の東日本大震災では津波のすさまじさをみせつけられました。実は、土石流は昔は山津波と呼んでいました。海の沖から襲ってくる津波と同様に山から襲ってくるためこう呼ぶようになりました。本書は、土石流現象の解説、土石流の呼称の変化、土石流から身を守るための心構えを解説しています。鉄砲水との違いなどについても触れられています。
土石流を知り、その対策を知るための一助となれば幸いです。


教員著作紹介コメント(足立泰久先生)

ブックコメントのアイコン足立泰久先生(生命環境科学研究科国際地縁技術開発科学専攻)より、ご著書の紹介コメントをいただきました。
【本の情報】
『コロイド界面現象の動的基礎(上)』足立泰久著. , , 2011.6【分類431.8-A16-1】

【コメント】
筆者は10年ほど前に26名の執筆陣で「土のコロイド現象」(学会出版センター)を編集した。その時、今度は1人で、学生目線の本を書きたいと思ったが、ようやくその一部を形にすることができた。わずか150ページですが、色々な意見で濃縮されている内容になった。


教員著作ページに13点追加

先生方からご寄贈いただいた著作13点を「筑波大学教員著作の紹介(2011年度)」のリストに追加しました。

  • 西本晴男先生(生命環境科学研究科持続環境学専攻)
  • 礒田正美先生(教育開発国際協力研究センター)
  • 江口隆裕先生(ビジネス科学研究科企業法学専攻)
  • 立花敏先生(生命環境科学研究科国際地縁技術開発科学専攻)
  • 五十殿利治先生(人間総合科学研究科芸術専攻)
  • 波多野澄雄先生(附属図書館長(人文社会科学研究科国際日本研究専攻))
  • 足立泰久先生(生命環境科学研究科国際地縁技術開発科学専攻)
  • 浪川健治先生(人文社会科学研究科歴史・人類学専攻)

掲載ページ: 筑波大学教員著作の紹介(2011年度)