平成28年度 ラーニング・アドバイザー募集!

中央図書館ラーニング・スクエアの中核、学生サポートデスクのスタッフである「ラーニング・アドバイザー」について、平成28年4月から平成29年2月まで働いて頂ける方を募集します。(募集締切:2016年1月29日(金))
学生の学習支援に興味のある大学院生の皆様、ぜひご応募ください!

ご希望の方は、以下のリンクから指定の履歴書書式をダウンロードしてご記入の上、中央図書館レファレンスデスクへお申し込みください。(受付時間:平日9時-17時)
なお書類審査がありますので、「志望の動機」はしっかりご記入ください!

http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/LA_resume.doc
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/LA_resume.pdf

正式学生スタッフ募集ポスター20160108修正-2


What’s 学生サポートデスク? (Prism No.69)

tulipki-mini Prism No.69を発行しました。

今回は中央図書館本館2階ラーニング・スクエアにある「学生サポートデスク」のご案内です。

授業期間中の平日14:00-19:00、筑波大学に在籍する大学院生が様々な相談に対応します。
学生の皆さんの学習活動を支援するため一方的に答えを教えるのたではなく、相談された方の主体性を大切にして、一緒に問題解決を目指します!

「そんなのがあるなんて知らなかった!」な方はもちろん、「あることは知っていたけど何を聞いていいのか…」な方もぜひご覧ください!
2014年10月3日で、学生サポートデスクが本格的に稼動してから3年。ますます皆様のお役に立つ学生サポートデスクを目指していきます。

Prism No.69 What’s 学生サポートデスク?


気軽に、ゆったり。

立ちんぼテーブルイメージ中央図書館をお使いの方はお気づきかも知れませんが、本館2階の文庫・新書の棚と新着雑誌の棚付近と、新着図書の棚付近に丸テーブルが出現しました。
見覚えがある方もおいでかも知れませんが、実は改装前のスタバで使われていたテーブルだったりします!(微妙に傷があったりするのはそのせいです)

文庫・新書や新着雑誌、新着図書などは、その場でパラパラ読むことも多いと思いますが、閲覧席まで少し遠かったり、座るほどではないけど少し時間をかけて読みたかったりする時に、このテーブルをご活用ください!

気軽に、ゆったりと図書館でお過ごし頂ければ。

gamaraku-miniテーブルだけじゃなくて、あちこちに椅子やソファーも置いてあるし、いろいろ落ち着ける場所があっていいね。
ちゅーりっぷさん中央図書館にはいろいろなタイプの座席を用意しているので、ぜひ自分のお気に入りの場所を見つけてくださいね!


がまじゃんぱー with ちゅーりっぷす@附属図書館(恋するフォーチュンクッキー筑波大学Ver.)

以前、Facebookでも撮影をお知らせした「恋するフォーチュンクッキー 筑波大学Ver.」(【「つくばで恋チュン」撮影@中央図書館!】)ですが、先ごろ完成して公開されました!

若手職員を中心とした附属図書館の精鋭が出演していますが、一際目を惹くのはもちろん「アレ」です。まだご覧になっていない方は、ぜひご覧ください!
筑波大学の色々な人たちが出演してますので、お知り合いを見つけてみるのも楽しいかも知れませんね。
(附属図書館のシーンは2:51付近~です)


書 Book+Calligraphy Exhibition 2014

書展示2014
しばらくメインカウンター前で「プレ展示」を行っていた「書 Book+Calligraphy Exhibition 2014」、いよいよ4月23日から本展示を開始しました!

中央図書館本館2階ラーニング・スクエアのプレゼンテーションエリア(吹き抜け下)で、国際書道クラブとの共同企画「書 Book+Calligraphy Exhibition 2014」を行っています。クラブのメンバーである留学生による素晴らしい「書」の作品と、それに関するコメントやそれぞれの母国についてのコメントなどを合わせて展示しています。

またこれらの作品の下には、それぞれの国に関連した図書も合わせて展示しています。こちらは通常の本と同じく貸出できますので、気になった本はぜひお借りになって読んでみてください!

書展示2014行ってみたいところ地図書展示2014折り紙
今年度は、皆様にご参加頂く企画として2点、ご用意しました。
ひとつは昨年度大好評だった「出身地地図」のバリエーション、「行ってみたいところ地図」です。シールを置いてありますので、ぜひ行ってみたい国、地域、スポットにお好みの色のシールを貼ってみてください。もしかして同好の士がいるかもしれません??

もうひとつは、折り紙体験コーナーです。
折り紙と英語で解説された折り紙の本を展示していますので、ご興味の方は挑戦してみてはいかがでしょう? 折り紙はどうぞご自由にお使いください。
ところで、展示の各所に附属図書館ボランティアさんによる素敵な折り紙作品が数多く展示されていますので、合わせてご覧になってください。
なお、附属図書館ではボランティアさんによる「折り紙講習会」を年に数回開催していますので、ご興味を持たれた方はぜひご参加を。開催が決まりましたらWebページ等でお知らせをいたします。

ということで、今年度も筑波大学らしい「すぐそこにある」異文化交流を体現した企画「書 Book+Calligraphy Exhibition 2014」。少しでも諸外国の文化、そして日本文化を身近に感じて頂ければ嬉しいです。