COMMENTS

グーテンベルク聖書について
すでに好評のうちに会期を終えてしまいましたが、展示番号4番のグーテンベルグ聖書について少し触れたいと思います。

グーテンベルグ聖書は、160から180部印刷され、その4分の1が羊皮紙、4分の3が紙に印刷されたものです。
冊子として現存するのは不完全本も含め48部のみと言われています。
British Libraryでは、羊皮紙と紙の両方の完全本を所蔵しています。
慶應義塾大学図書館ではアジアでは唯一、紙に印刷された上巻を所蔵しています。

零葉(ばらばらになっている一部分)を所蔵している図書館は、日本では本学のほか、
早稲田大学(羊皮紙)
関西学院大学(2枚)
広島経済大学
天理大学、近畿大学などがあります。

ところで、今回の展示アンケートで、透かし(ウォーターマーク)に関するコメントをいただきました。
透かしは製紙の際に製紙所が独自のマークを入れたものですが、さまざまな形があり、古くから調査が行われています。
グーテンベルグ聖書には、4種類の透かしの入った紙が使われました。
(1枚の紙を二つ折りにして使っていますので、透かしのないページも存在します。)
Harry Ransom Center, University of Texas at Austin のサイトで画像が公開されています。

このサイトでは下の「>」をクリックすると以下の順で表示されます。画像をクリックすると黄色で浮かび上がるようになっています。
Grape Cluster(巻き髭のついた葡萄の房)
Steer(雄牛の頭)
Grape Cluster(太い茎のついた葡萄の房)
Ox(走っている(跳んでいる)雄牛)

本学所蔵分についている透かしは4番目のものと同じです。だいたい真ん中あたりに、逆さまについています。
あいにく本学の高精細画像は透かしが写るようには撮影されておらず、また、手にとらなければ肉眼での確認は困難なものですので、展示会場でご覧になるのも残念ながら難しかったと思われます。

参考:国会図書館のサイト
http://www.ndl.go.jp/incunabula/chapter3/chapter3_02.html

なお、参考として展示していた複製版と同じものが図情図書館のミュージアムで展示中です。見逃された方、もう一度ご覧になりたい方は、ぜひお立ち寄りください。
| 筑波大学附属図書館展示WG | 18:01 | comments (0) | trackback (x) | - |
コメント
コメントはありません。
| | URL | | |


コメントする









このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
<<前月 2017年07月 次月>>
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
OTHERS
このページの先頭へ