COMMENTS

『清少納言』と『土左日記』
今回の展示の「第1部 いつかどこかで見た書物」は、教科書にもとりあげられているよく知られた書物を中心に展示していますので、ご観覧の皆さんも文字通り「いつかどこかで」見たことのあるものが多いことと思います。

でも、その第1部の中で、「あれ?」と思う本はありませんでしたか?

「あれ?」の意味をどうとるかで、人により「あれ?」と思う本はいろいろあるかも知れませんが、ここでは書名の問題を二つとりあげてみましょう。

一つ目は展示番号6番の『前田本枕草子』に付随して「参考」としてあがっている『清少納言』です。



「清少納言って、枕草子の作者だったはずだけど、なぜこれが書名になってるの?」と疑問に思われた方はいませんか? 

展示されている本の冒頭には、何も書名らしいものは見当たらず、いきなり本文が始まっていますが、図録に掲載されている表紙の写真を見ると、「清少納言 一」と書かれた紙(題簽・だいせん)が貼られていることがわかります。この題簽は「書き題簽」、すなわち筆で書かれたものなのですが、この本は当館では貴重書に指定されているので、OPACで検索すると電子化画像があることを示すアイコンがあり、そこからカラーのデジタル画像を見ることができます。この画像によって各冊の巻末を見ると、たとえば「清少納言 一」の巻末には「清少納言巻一終」と刷られており、『清少納言』が書名として扱われていることがわかります。



『源氏物語』をはじめ、日本の古典には、もともとどういう書名だったのか明らかではないものがたくさんありますが、『枕草子』についても書名の表記が異なるものがあります。田中重太郎は『枕冊子』(日本古典全書、朝日新聞社、第24刷1973年)の「解説」で、「清少納言枕冊子は古来つぎのやうに呼ばれてゐる」として、「清少納言枕草子」「清少納言草子」「清少納言記」など9種類の呼称をあげていますが、この中に「清少納言」と「枕草子」もあがっています。そして田中自身は「原義に即してもつとも正しいと考へられる」『枕冊子』を書名として採用しています。
また『枕草子 紫式部日記』(日本古典文学大系、岩波書店、1958年)の解説でも書名の問題に触れられていますが、「古写本についてみると、その外題においても、内題においても、雅嘉のいうが如く「清少納言」と称した称呼をもつものは、ほとんどない。江戸時代も中期に下った、所謂慶安版本に「清少納言」とあるのみである」と書かれています。しかし、今回参考展示した古活字本『清少納言』は、寛永年間(1624-44)の出版と推定されており、慶安年間(1648-52)よりも前の時代のものですが、先に述べたように巻末に「清少納言巻○終」の記述があるのは興味深いところです。

この問題はかなり専門的な話となりますので、ここではこれ以上は立ち入りませんが、『枕草子』には『清少納言』という書名で出版されたものもある、ということを確認しておきたいと思います。

二つ目は展示番号7番の『土左日記』です。

これも『土左じゃなくて土佐じゃないの?』と疑問に思われた方もいるかもしれませんね。これに付随して「参考」としてあがっている万治刊本は『土佐日記』という書名になっているので、余計に不思議(不審?)に思われた方もいるでしょう。

これについて鈴木知太郎は、『土左日記』(岩波文庫、岩波書店、1979年)の「解説」で書名について以下のように記述していますので、少し長くなりますが引用してみましょう。
 「今日一般には「土佐日記」と書かれるが、前田家蔵本(藤原定家自筆本)・青谿書屋旧  蔵本・(略)・三条西家旧蔵本等、信ずべき古写本の外題や奥書には、いずれも「土左日記」とあるので、古くは「土左」の文字があてられていたものと思われる。この書名は作者たる紀貫之がみずから名づけたものか否かは明らかではないが、前田家蔵本に付せられた定家自筆の奥書に「紀氏自筆本」の体裁を記した部分があり、そのなかに、「有外題 土左日記 貫之筆」とあるのを信ずれば、「土左日記」という書名は貫之自身の名づけるところで、しかも「紀氏自筆本」には、自筆で、「土左日記」と外題が記されていたということになろう。」
岩波文庫が書名として「土左」を採用したのは、このような理由があったからですが、展示番号7番の『土左日記』は、まさにこの解説に出てくる前田家蔵本(藤原定家自筆本)の複製本ですので、我々の展示でも「土左」を採用しています。

日本の古典籍の書名の確定は、それ自体が研究の対象になるような重要な問題ですが、今回の展示のような、原本あるいは原本そのままに複製された複製本を見ることができる機会があれば、一見単純に見える書名にもいろいろな話題があることを思い起こしていただければ幸いです。
(篠塚 富士男)
| 筑波大学附属図書館展示WG | 16:14 | comments (0) | trackback (x) | - |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
<<前月 2014年11月 次月>>
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
OTHERS
このページの先頭へ