COMMENTS

特別講演会「図書館を飛び出した書物たち〜複製本の用い方〜」
本日は企画展の目玉企画のひとつ、特別講演会が開催されました。

ぐずついたお天気の中、週末のキャンパスはひっそりとしていましたが、講演会には30名余りの方に来場いただき、皆さん熱心にお話を聞いていらっしゃいました。

講師は人文社会系の谷口孝介先生。
企画展のテーマの一つである複製本について、『御堂関白記』や『管家伝』、『土左日記』などの複製本を例に、その意義や使われ方についてお話をされました。



『御堂関白記』に用いられた暦の話や道長の書き込みのこと、『管家伝』の複製本を刊行した尊経閣叢刊の話、『土左日記』に見る藤原定家の筆遣いや紀貫之自筆本の臨模の話など、次々に読み解かれていくお話に来場した皆さんの知的好奇心が大いに刺激されたのではないかと思います。

講演の後は展示室に移動してのギャラリートーク、ここでも展示資料を見ながら皆さん熱心にお話を聴いており、終了後もいろいろと質問が続きました。



講演会の様子は後日YouTubeでご覧いただける予定です。
| 筑波大学附属図書館展示WG | 16:00 | comments (0) | trackback (x) | - |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
<<前月 2014年11月 次月>>
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
OTHERS
このページの先頭へ