COMMENTS

ミニ展示
筑波大学附属図書館研究開発室の「附属図書館における貴重資料の保存と公開」プロジェクトは「保存」と「公開」の2つのサブプロジェクトから構成されています。
今年度の特別展「知の開拓者たち」は「公開」サブプロジェクトの活動の一環ですが、特別展開催に合わせ、「保存」サブプロジェクトの活動の成果もミニ展示の形で簡単に紹介しています。



今回展示されています資料は、東日本大震災のときに津波により被災した岩手県山田町の資料約300点の一部です。資料の状態調査と保存修復処置(フラットニングおよび補修処理)、および燻蒸処理を行いました。



昨年の11月7日にフラットニングの次のステップの補修処理をしているところを見学させていただきました。
補修処理をしていたみなさんは、芸術系の松井敏也先生と紙本修復家の坂本雅美さんのご指導のもと、和紙とメチルセルローズを用いて慎重に修復を行っていました。


| 筑波大学附属図書館展示WG | 16:12 | comments (0) | trackback (0) | - |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<<前月 2013年10月 次月>>
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
OTHERS
このページの先頭へ